名経営者に学ぶ ビジネスチャンスのつかみ方

オムロンの創業者 立石一真に学ぶビジネスチャンスのつかみ方

更新日:

スポンサーリンク

オムロンの創業者 立石一真に学ぶビジネスチャンスのつかみ方

立石一真
オムロンの創業者
1900~1991

ダメと決めつけるのはたやすい。
しかし、改善の余地ありでなければ、創造の将来はない。
”まずやってみる”が我々が築きあげてきた企業文化なのだ。

立石一真は、熊本県の商家の長男として生まれた。
旧制熊本中学(現在の県立熊本高校)に進んだ立石は、海軍兵学校を受験するが、身体検査で不合格となる。
立石は、やむを得ず熊本高等工業学校(現在の熊本大学工学部)に進学し、卒業後、兵庫県庁を経て、「井上電機製作所」に入社した。
立石はそこで、アメリカで開発されたリレー装置の国産化に取り組むことになる。
この経験は、立石電機を創業した際にも大いに役立ったという。

昭和五年(1930)に立石は「採光社」を設立。
井上電機製作所時代に実用新案を取得していたズボンプレスやナイフグラインダの製造・販売を始める。
だが、販路を持たなかったため、自転車で飛び込みセールスをするしかなく、苦しい日々が続いた。

そんなとき、友人の言葉からヒントを得て開発・商品化したレントゲン撮影用のタイマーが成功し、大阪に「立石電気製作所」を設立したのだ。

立石が世界的企業に飛躍するきっかけになったのは、マイクロスイッチの国産化だった。
昭和十六年に東大航空研究所から依頼され、二年をかけてようやく製品化にこぎつけたものだが、戦争の激化によって商売にはならなかった。
ところが、戦後のオートメーション時代に、このマイクロスイッチが大量に使用されるようになり、現在のオムロンの基礎を築いたのである。

技術研究というのは、一進一退を繰り返しながらゆっくり進んでいくもので、偉大な発明といわれているものの基礎にも地道な開発がある。
結果が出ないことに「ダメ出し」したくなる気持ちは分かるが、「ダメ」といってそのプロジェクトを終了してしまえば、それまでの努力がすべて水の泡になってしまう。
ダメではなく「どこが悪かったのか」「どうすればよくなるのか」を考え、最後まで諦めないことが新たな発明を生み出す原動力になるはずだ。
名経営者に学ぶビジネスチャンスのつかみ方 全記事

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

金融・投資ランキング
広告

-名経営者に学ぶ ビジネスチャンスのつかみ方
-, , ,

Copyright© 日経225先物で稼ぎたいねん! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.