名経営者から学ぶ「成功するビジネスの秘訣」

電話の発明者 グラハム・ベルから学ぶ「成功するビジネスの秘訣」

投稿日:

スポンサーリンク

電話の発明者 グラハム・ベルから学ぶ「成功するビジネスの秘訣」

グラハム・ベル
電話の発明者で、AT&T社の前身ベル電話会社の創立者
1847~1922

ca. 1904, USA --- Alexander Graham Bell --- Image by © Hulton-Deutsch Collection/CORBIS

目の前の仕事に集中せよ。
太陽光線も一点に集めなければ発火しないのだから。

グラハム・ベルはスコットランドで視話法の研究を行っていたメルヴィル・ベルの息子として生まれた。
ベル家では祖父の時代から発声器官に関する研究をしていて、ベルもエジンバラ大学とロンドン大学で同じ研究を続けたのである。

24歳のときにカナダへ移住したベルは、その後アメリカへ再移住し、発声器官に関する豊かな知識を利用して、ボストンにろうあ者向けの訓練学校を開いた。

その功績と知識が認められ、ボストン大学に教授として招かれる。
1872年に「音声は電気によって伝えることができる」という論文を読んだベルは衝撃を受け、エンジニアのトーマス・ワトソンとともに、その理論を実用化するために研究を開始した。

1874年に現在の電話の理論を確立したベルは、2年後に特許を取得。
そして、それからわずか3日後の3月10日に、電話で言葉を伝達することに初めて成功した。
ちなみに、このときのベルの言葉は「ワトソン君、用があるから、ちょっと来てくれないか」だった。

1881年、世界で初めての電話回線がボストン・プロビデンス間に開通したのを皮切りに、電話網はまたたく間に広がっていった。
莫大な特許料を手にしたベルは、1877年にベル電話会社(AT&T社の前身)を設立し、やがてアメリカ大陸横断電話を開通させた。

ベルがイギリスからカナダへ移住したきっかけとなったのは、研究のしすぎで健康を害し、医師に「余命半年」と宣告されたためだ。
寿命を縮めるほど仕事や勉強に集中しろとはいわないが、いざというときには浸食を忘れるくらいの集中が必要なのではないか。

一説によると、私たちが持っている本当の実力や能力というのは、普段の10~100倍もあるという。
普段はできないと思って諦めてしまうことも、集中すれば、いままで見えなかった解決方法が必ず見えてくるはずだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

金融・投資ランキング
広告

-名経営者から学ぶ「成功するビジネスの秘訣」
-,

Copyright© 日経225先物で稼ぎたいねん! , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.