取引方法

EMAアンチ改良版

更新日:

スポンサーリンク

日経225先物市場でトレードする場合で最も難しいのは、いつ買うか、いつ売るかというポイントを見つけることですが、その場合にこんな方法もあるんだ、という参考にしてもらえれば幸いです。

下のチャートは、2月22日月曜日の夕方16:30から始まった日経225先物の15分足チャートです。

この画面で3本の移動平均線が表示されています。
12本線は紺色、26本線は緑色、75本線は赤色です。見やすいように太く表示しています。
これを利用する場合のルールを決めておきます。

まず、12本線が26本線の下にあるときは「売り」しかしない。
同様に、12本線が26本線の上にあるときは「買い」しかしません。

次に利益確定は、最低30円単位とする。

1時間経過しても30円取れないときは強制的に決済すること。

そして、トレードするポイントは、

売りの場合は、前のローソクの終値が切り上がったら、次のローソク足で、その前のローソクの終値を1ティック超えて下がっていくところで「売り」を仕掛けます。

注意点はローソクのひげは無視することです。

買いの場合は逆です。

ややこしいようですが、簡単ですのでチャートを見ながら読んでみてください。

なお、チャートはクリックすると大きくなります。

月曜日の夕方16:30から始まったナイトセッションはギャップダウンして始まって、初めのローソク足は陽線(白色)で始まりました。
このときは12本線が26本線の下にあるので「売り」を考えます。

では、チャートの「1」のところの説明です。
チャートの2つめのローソクが陰線でそのローソクの終値が30,105円ですが、次のローソクでこの30,105円を超えたところで仕掛けます。つまり30,100円で「売り」です。

売る枚数はご予算に応じて調整してください。

なお、ロスカットはこの場合、前の足の最高値(ひげ無視)に設定します。この場合は30,110円です。
この場合は簡単に30円は取れますし、勢いや枚数に応じて利益確定は100円も可能でした。

次に「2」の説明です。
ここも、前に陰線で終値が切り上がっていますから、その次の足でその終値を超えたところで「売り」仕掛けです。図のピンク色の線です。30,045円が終値ですから30,040円で「売り」です。
この場合のロスカット設定は、30,060円です。

この場合は目標の30円が取れずにロスカットで損切りです。- 20円です。

次に「3」の説明です。
この場合も前の陰線がその前の十字ローソクの下値を切り下げたので、30,070円ですがその下の30,065円で売りです。

なお、ナイトセッションではニューヨーク市場が開くまでは値動きが緩慢なため1時間ルールは2時間にします。

この場合もロスカットは30,080円です。

「4」も同様ですが、自分で確認してください。

なお、チャートの右の四角で囲んだところは、12本線が26本線を上回っていますから、この時間帯は「買い」でトレードします。

買いの場合は、前のローソクの終値が切り下がったら、次のローソク足で、その前のローソクの終値を1ティック超えて上がっていくところで「買い」を仕掛けます。

「5」のところで2本陰線が続いた後で、次の足で前の終値30,085円を超えた30,090円で「買い」です。

「6」も同じですが、確認してください。

このトレード方式は「EMAアンチ」を自分なりに改良したトレード方法です。

この方法でトレードするとトレード回数は確実に減りますし、利益は限定的ですが確実に取れます。

そしてこれを応用してもっと利益を伸ばすことも可能です。

頑張ってトレードライフを楽しみましょう。
下のバナーを一日一回クリックしていただくと、また頑張ろうと励みになります。
よろしくお願いします!

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村

日経225先物ランキング

広告

-取引方法
-,

Copyright© 日経225先物で稼ぎたいねん! , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.